診療案内(患者様向け)

当科では腎疾患、代謝内分泌疾患、リウマチ・膠原病を専門としており、広い範囲の内科疾患を担当しております。

これらの疾患は全身にさまざまな症状が出るため、診断が難しいことが多々あります。

したがって、私たちは患者さんの訴えを真摯に受け止め、全身の状態を適切に把握し、専門的知識と経験をもって診断と治療にあたるよう日々心掛けております。

腎臓病

(対象疾患)

IgA腎症、糖尿病腎症、腎硬化症、微小変化型ネフローゼ症候群、膜性腎症、膜性増殖性糸球体腎炎、紫斑病性腎炎、間質性腎炎、ループス腎炎、遺伝性腎疾患(アルポート症候群など)、多発性嚢胞腎、急性腎不全、急速進行性糸球体腎炎、慢性腎臓病、高血圧、リドル症候群など

(診療の特徴)

腎機能障害、血尿、蛋白尿などの診断や、糖尿病腎症、腎硬化症、IgA腎症など慢性腎臓病の加療、急性腎不全に対する血液浄化療法など、幅広い腎疾患の診療を行っております。

慢性腎臓病は透析治療が必要となる末期腎不全の予備軍であるばかりでなく、心血管障害や脳血管障害の重大な危険因子であることが知られています。このような慢性腎臓病の方は日本腎臓学会の統計では国内に約1330万人に上るとされ、山梨県内でも6万人近くがこの慢性腎臓病に該当するとされ当院のみの診療は不可能です。そこで、全ての患者さんが早期から適切な治療が受けられることを目的に山梨県内の開業医の先生の協力を得て、慢性期の検査や治療をお願いすることで、診療連携を行っています。

腎疾患をこまかく調べるための腎生検は年間40例程度行っております(腎生検は検査後に安静を保って頂く必要があるため、1週間程度の入院で行っております)。また、慢性腎不全患者さんの血液透析療法の導入や、自己免疫疾患などの治療としての血漿交換、血漿吸着療法や、高脂血症の患者さんに対するLDL吸着療法などの血液浄化療法も行っております。高血圧の診療にも力をいれており、その原因精査や加療を積極的に行っております。糖尿病腎症においては、糖尿病グループとの併診を早期から行う体制も整えております。

代謝・内分泌疾患

(対象疾患)

糖尿病(1型、2型、ステロイド性、肝性、膵性など)、脂質異常症、骨粗鬆症、高血圧、下垂体機能低下症、先端巨大症、プロラクチノーマ、Cushing病、下垂体腫瘍、ACTH単独欠損症、SIADH、尿崩症、橋本病、バセドウ病、亜急性甲状腺炎、無痛性甲状腺炎、甲状腺腫瘍(癌、良性腫瘍)、原発性副甲状腺機能亢進症、副甲状腺機能低下症、副腎腫瘍、Cushing症候群、原発性アルドステロン症、褐色細胞腫、性腺機能低下症など。

(診療の特徴)

<糖尿病>

糖尿病は、近年顕著に増加してきており、それによる合併症の発症は、患者さんの生活の質を著しく損ないます。 例えば糖尿病は、成人の中途失明や新規透析導入の第1位あるいは第2位の原因となっています。 さらに、高脂血症や高血圧とならんで心筋梗塞や脳卒中の主要な原因ともなっています。 山梨県下で当科は糖尿病診療のセンターとしての機能を担っており、多くの紹介患者様を受け入れています。

外来ではインスリン導入や血糖自己測定の指導、療養指導士によるフットケア外来、管理栄養士からの栄養指導も行っております。入院においては、糖尿病の教育入院、術前血糖コントロール目的入院、糖尿病合併症治療目的の入院などを行っております。医師の他、看護師、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士とチームを作って協力体制をとっています毎週、チーム全員が集まって、患者さんについての糖尿病療養指導カンファレンスを行い、個々の患者さんに合わせた、きめ細かい療養指導・治療体制を実施しています。

CSII(いわゆるインスリンポンプ)やCGMS(24時間連続して血糖を測定できる持続血糖測定器)などを用いた高度な診療も提供しております。糖尿病合併症の進行の結果として起きてくる腎不全に対しては、早期から腎臓グループの医師との併診をおこなう体制も整えております。

<内分泌>

内分泌疾患においては、甲状腺、副甲状腺、下垂体、副腎疾患などを対象にしております。甲状腺疾患は、内分泌疾患の中でも最も頻度が高い疾患です。甲状腺ホルモンがたくさん作られてしまうバセドウ病は300人に1人、甲状腺ホルモンが足りなくなる橋本病は10人に1人といわれています。甲状腺のしこり(腫瘍)を調べる上に欠かせない検査の一つである、エコーガイド下甲状腺穿刺吸引細胞診は外来で行っております。甲状腺がんやバセドウ病治療の一つである放射線治療は、放射線科と協力して診療しております。

下垂体疾患、副甲状腺疾患、副腎疾患は比較的まれな病気であり、通常の血液検査や画像検査などだけでは診断が難しいことが多く、外来にて特殊なホルモン検査を行ったり、入院精査を行う場合もあります。なかでも高血圧の原因の5~20%をしめるといわれる原発性アルドステロン症は、積極的に診断・加療を行っております。原発性アルドステロン症に対する副腎静脈サンプリング検査などは放射線科と連携して診療を行っております。内分泌疾患の中には、先端巨大症やクッシング病などの下垂体腫瘍が原因の疾患や、褐色細胞腫などの副腎腫瘍などでは、手術加療が必要になるものも多いですが、当院の脳神経外科、外科、耳鼻科、泌尿器科など関連各外科に手術を依頼して連携した治療を行っております。

リウマチ・膠原病

(対象疾患) 

関節リウマチ、成人発症スティル病、シェーグレン症候群、全身性エリテマトーデス、皮膚筋炎・多発性筋炎、強皮症、混合性結合組織病、血管炎症候群(顕微鏡的多発血管炎、多発血管炎性肉芽腫症、好酸球性多発血管炎性肉芽腫症、大動脈炎症候群など)、ベーチェット病など。

(診療の特徴)

扱う病気は、関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、血管炎などの膠原病関連疾患です。いわゆる個々の臓器疾患とは少し異なるので、初めて聞かれる疾患も多いことと思います。 しかし、関節リウマチは全人口の0.5%の罹患率であり、山梨県の人口90万人では4500人罹患しています。 膠原病は不明熱や多臓器障害に陥ることもあり、入院治療が必要なこともあります。私たちは、ステロイド治療以外にも、免疫抑制剤治療、血漿交換療法、 抗サイトカイン療法などを必要な患者さんには積極的におこなっております。

リウマチ性疾患、膠原病は全身さまざまな臓器を障害することが多いため、眼科・皮膚科・整形外科など関連各科と連携して診療を行います。また、膠原病による腎障害に関しては、当科の専門分野の一つである腎臓疾患の専門医師と協力して診療に当たります。

治療に副腎ステロイドを使用することが多いですが、その副作用である高血圧、糖尿病、骨粗しょう症などは、当科が専門にしている分野の一つでありますので、きめ細やかな診療が提供できる体制が整えられております。

*当科では、アレルギー専門外来や線維筋痛症専門外来は行っておりませんのでご了承ください。

Topへ
戻る

Copyright © 2018 山梨大学医学部附属病院 第三内科. All Rights Reserved